Chrome 71で廃止されたFlash設定をどうにかする

Chrome 71でFlashの恒久的な許可設定が廃止され、毎回許可を行う必要が出てしまったのですが、これを力技でなんとかしようという方法です。

・Windowsのレジストリ変更が必要です。Chrome単体、あるいはアドオンでちょこっとできる変更ではありません。
・レジストリはWindowsの重要ファイルであり、パソコン知識のない方が操作を誤ると最悪パソコンが起動しなくなる恐れがあります。その場合、予め用意したリカバリーディスクを用いて復旧する必要があります。この文章の意味が理解できない方は絶対に実行しないでください。
・当サイトではこの手順を勧めるものではなく、あくまで回避策を紹介しているだけであり、あなたのパソコンが万一壊れた場合でも、被った被害をどうすることもできません。その旨を理解した上で、自己責任で行うようにしてください。
・Flash廃止の流れは、脆弱性対策のため各ブラウザメーカー及び開発元のAdobeが協調して進めているものであり、いずれは廃止されるものです。この回避手順はあくまで一時的な措置に過ぎず、いずれ閉じられる可能性が非常に高いです。

手順

  1. Chromeを終了しておく ※Flashを許可するアドレスについては予めコピーしておく
  2. レジストリエディタを起動し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Google\Chrome\PluginsAllowedForUrlsを開く
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies配下にGoogleがない場合は「Google」->「Chrome」->「PluginsAllowedForUrls」と順番にキーを作成する
  4. PluginsAllowedForUrls内で”文字列値”を作成し、”名前”を「1」に変更した後、”データ”にはFlashを許可したいURLを貼り付ける
  5. 2つ以上許可したい場合には、同じ作業を繰り返すが、この時”名前”については順にインクリメントして2、3と重複しないように設定していく
  6. レジストリエディタを閉じる
  7. Chromeを起動しFlash許可設定をしたサイトを開き確認する

参考

・当記事については、申し訳ないですが一切質問を受け付けません。誤りを見つけた場合にはコメントをいただければありがたいです。
・なお上の参考サイトをよく読むと、「”[*.]example.edu”」などという書式が可能であることがわかるかと思います。しかし多少面倒でも個別URLをきっちり指定したほうがよろしいかと思います。本当はそもそもこんな設定をしないほうが良いことは、言うまでもありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク