Cities Skylines II「Tree Controller」の使い方

Cities Skylines II Mod解説
スポンサーリンク

Cities Skylines IIのMod「Tree Controller」の使い方です。

 

概要

Tree Controller – Paradox Mods

バニラだと常に苗からしか植えられないと不満が多い、樹木関係を改善するModです。

・今作CS2になってから樹木に「樹齢概念」が導入され、新たに植樹した樹木は若木になり、成長し切るまでにゲーム内時間で1年ほどかかることがわかっています。樹木をクリックすると内部的な数値が表示され、成長しきった樹木が3000、植えたばかりの樹木は0になっています。
・町の発展とともに樹木も成長し、やがては老木となり枯れてしまう。確かにリアルと言えばリアルなんですが、都市景観ゲームとして認知されているCities Skylines IIではかなりの不評を受けた概念だと言ってよいかと思います。

この「Tree Controller」Modは、新たに植える樹木の樹齢や、種類、色などを指定できるModです。それだけでなく、いわゆるツリーブラシと呼ばれる一本一本じゃなくランダムに指定範囲を樹木で塗ってくれるモードや、一気に樹種や樹齢を置き換えてくれるモードもある非常に強力なModです。

もちろんバニラゲーム同様に若木を植えることも可能で、ランダムに指定することも可能です。

非常に便利なModですので、とりあえず導入して置き換えるのが良いでしょう。

  • 2024年5月17日:ツールモード:Changeを追記
  • 2024年5月14日:初稿

 

使い方

サブスクライブすれば、普通に「地形変更-植生」を選ぶとバニラの植生ツールを上書きしてそのままの間隔で使うことができます。

樹種を選んで、ポチポチとクリックしている限りではバニラと変わりありません。

以下では「Tree Controller」の様々な使い方を見ていきましょう。

 

ツールモード:1つ配置(単体)

起動時は1本ずつ植えるモードです。

新たに植える樹木の樹齢や、種類、色などを指定して植えることが可能になります。オプション説明は、次のLine modeの項で行います。

 

Line Mode:直線・曲線・円形

※「Line Tool – Paradox Mods」をサブスクライブした場合

「ツールモード:単体」では、1本ずつ植えるのではなく、直線や曲線、円形を指定してその線状に一気に植えることも可能です。

例えば生け垣風にしたい場合には連続して位置列に並べたいというときもあります。そのときには「Line Mode」を直線や曲線に切り替えて植えることができます。

このLine Modeでは下記のオプション指定が可能です。特に使うのはRotationとvariationでしょうか。これらを指定することで自然な感じで植樹できます。

  • Spacing:木を植える間隔
  • Rotation:自然な感じにするため木を回転させながら植える。RELATIVE / ABSOLUTE / サイコロの3つから選べますが、通常はサイコロを選んでおくと良いでしょう。
  • Spacing variation:木の間隔のばらつきの指定。間隔をばらつかせたい場合は数値を入力し、逆に均等な間隔で植えたい場合は0にします
  • Offset variation:線に対してのばらつきの指定。指定した直線に対して左右にばらつかせることで自然さを演出します
  • 樹齢:植樹する樹齢の指定です。*は全種(ランダムに)使うモード、続いて順番に、Child、Teen、Adult、Elderly、Dead(枯れ木)です。
  • 高度:植樹する高さを指定します。
    ※高度は例えばブッシュ(下草)を-0.9mなどにして海岸に植えると、下草の頭だけが出てちょうど良い茂り具合になるということです。「「EXTRA3.0」の使い方まとめ」ページの「チュートリアルビデオ」の項を参照してください

 

ツールモード:複数配置(ブラシ)

ブラシモードもあり、「指定した範囲内に」、かつ「指定した複数の樹種」から、それぞれランダムにまさにブラシのように植樹することができます。一気に自然な林を作ったり、山の斜面を植え尽くすことも可能です。

バニラのブラシ同様に、ブラシのサイズや強度を指定することで自由に塗りつぶすことができます。

ツリーブラシModはCS1でも人気のあったModで、CS2ではそれに加えて「樹齢を指定できる」という大きなメリットも加わっています。あえて枯木を植えることも可能です。

この「ツールモード:ブラシ」では下記のようなオプションが指定可能です。

Brush(ブラシ形状)

ブラシ形状をバニラの円形だけではなく、いろいろな形に変更することができます。変更UIに少しクセがあり、ドロップダウンして種類を選択し、さらにBrush欄をクリックして確定します。

Brush Ratation(ブラシ角度)

ブラシの角度を0~360度まで変更できます。

バニラの円形では回転させても意味がないのですが、いろいろな形のブラシを使うとブラシの角度を変えることでさらにバリエーションを演出できます。

設定(Sets)

ブラシする樹木の組み合わせをセットとして切り替えできます。よく使う樹種をセットとして登録しておき使うとはかどります。

デフォルト3セット(WildDeciduous落葉樹、Evergreen常緑樹、WildBushes茂み)の他に、カスタムセットを5個まで登録できます。例えば「デフォルト3セットのいずれか+樹齢指定」というパターンでも植樹可能です。

カスタムセットでの樹木の複数選択は、Ctrlを押しながら選択していきます。

なおカスタムセットへの上書きは樹木をCtrl+で選択した後、「1」~「5」のボタン番号の位置でCtrl+クリックすることで上書きができます。

樹齢

植樹する樹齢の指定です。*は全種(ランダムに)を使うモード、続いて順番に、幼い(苗木/Child)、若い(若木/Teen)、成熟した(Adult)、高齢(Elderly)、枯れた(Dead)です。

なお”枯れた”木は、最終的には苗木へと戻ります。

スナップ(狙い撃ち)

スナップは、(右クリックで)削除する時に指定している樹種だけを狙って(絞り込んで)削除するのか、全樹種を削除対象とするかの指定オプションです。

ブラシなどで複数の樹種が植わっている所から何か1種類だけ削除したいときには、消したい樹種を選んでからスナップで削除すればその樹種だけを狙い撃ちにして削除できます。※削除は右ドラッグ

普通にとにかく木という木をを伐採したいときにはスナップをオフにして右ドラッグすると良いでしょう。

 

ツールモード:Change

Changeという項目に2つのツールモードがあります。

※ツールモードから再び通常のモードに戻るには、ツールモードを「1つ配置」あるいは「複数配置(ブラシ)」に切り替えます。

1.樹齢変更ツール:

  • すでに植わっている樹木の「樹齢」を変更するツールです。変更したい樹齢を選んでこのツールを使うと、既存の樹木を指定の樹齢へと変更してくれます。バニラアセットの建物や道路では苗木で生えてきますが、一気に成熟した樹齢や高齢の樹木へと変えることもできます。便利ですね。

    選択(変更モード):選択には「1本の木」、「建物(道路)の木」、「円形範囲」、「マップ全体」があります。円形のときだけ半径指定ができます。
    ・樹齢は複数選択でき、例えば”高齢”と”枯れた”を選択すると古びた植樹になります。
    ・なお「建物(道路)」を指定するとちょうどCS1のBoB(Steamワークショップ::BOB, the Tree and Prop Replacer 1.0.1)と同様に道路の街路樹を一気に変更したり、学校の樹木を変更したりできます。

ツールは、適用するごとにランダムに適用し直します。複数の樹齢をした場合に茂り方が気に入らない場合は何度かクリックすると樹齢がばらつきます。

「マップ全体」は右クリックで確認もなく一瞬で全体の樹木(建物付属樹木や道路の街路樹含む)に全適用ですのでご注意ください。通常は「建物(道路)」か、「円形指定」が良いでしょう。

2.樹種変更ツール:

  • 同様に、すでに植わっている樹木の「樹種」を変更するツールです。変更したい樹種を選んでこのツールを使うと、既存の樹木を指定の樹種へと変更してくれます。これも便利ですね。いちいち植え直す必要がありません。

    設定:ここでも樹種カテゴリーが使えますので、1種を多種に置き換えたりもできます。
    ・選択:上同様に変更対象の選択です。円形のときだけ半径指定ができます。樹齢は複数選択でき、結果に反映されます。

ツールは、適用するごとにランダムに適用し直します。複数の樹種をした場合に茂り方が気に入らない場合は何度かクリックすると樹種がばらつきます。

・※「マップ全体」は右クリックで確認もなく一瞬で全体の樹木(建物付属樹木や道路の街路樹含む)に全適用ですのでご注意ください。通常は「建物(道路)」か、「円形指定」が良いでしょう。

ツールモード使用例

例えば小学校の樹木をこんもりと成長させたり…

樹種をトウヒに変えた上で樹齢をバラバラにしたり…といったことが一瞬でできます。「設定」で”落葉樹”や”常緑樹”などを選ぶことで、1種類だった樹木を多品種に植え替えることも可能です。

 

オプション画面

固有のオプション画面を持っており、ベースゲームのオプション画面の「ゲームについて」の下に専用のオプションメニューが並びます。

  • ランダムな樹齢の設定:※複数の樹種が指定されている場合の選択
    • ランダム:完全にランダムな樹種を発生させる
    • Forest Distribution:ゲームで設定されている樹種の近似値を使用してランダムに発生させる
  • 植生色の変更設定:樹木と低木の季節変化色を設定
    • バニラ:ゲームで設定されている色
    • Yenyang’s:作者Yenyang氏による設定色
    • カスタム:ModフォルダーにあるCSVで設定する

 

「Cities: Skylines II」のMod解説記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました