TwitterのSMS認証を回避する(2017年版)

現在、Twitterのアカウントを作成しようとすると、SMS認証を求められてしまいます。

日本国内ではSMSを受け取るにはSIM(要するに携帯番号)が必要となるため、気軽に増やすことはできません。

実際に「Twitter 新規アカウント」などと検索すると、

  1. 海外SMSを使用して作成する
  2. ヤフオクやメルカリで買う
  3. 格安SIMを買う

などが出てきますが、どれも簡単ではありません。

そこで、もっと気軽にTwitterアカウントを追加する方法をここに書いておきます。

・なお連続作成などをすると制限に引っかかる可能性があります。
・また念のためWi-Fiではなくキャリア回線(モバイルデータ通信)を使用した方がいいでしょう。

方法は、スマホの「Twitter公式アプリ」で新規アカウント作成するだけです。

以下に手順を示します。手順が多そうに見えますが、内容はすごく簡単です。

  1. スマホで「Twitter公式アプリ」をダウンロード
  2. アプリを起動し、「新しいアカウントを作成」を選択
  3. 呼び名(アカウント名)を入力し「次へ
    ※これは固定で後から変更できません
  4. 「電話番号を入力」として電話番号がセットされていますが無視して画面下の「代わりにメールアドレスを使用する」をタップ ※ここが要点です。
  5. メールアドレスを入力して「次へ
  6. パスワードを入力して「次へ
  7. 「電話番号を入力」と出ますが、下の「今はしない」をタップ
  8. ユーザー名を入力を入力して「次へ
    ※これはアカウント作成後もいつでも変更できます
  9. 「連絡先をアップロード」のチェックを外して「はじめる」をタップ

以上で新規アカウントが作成完了です。

フォローをするように進めてきますが、「おすすめのユーザー」、「アドレス帳からのユーザー」の両方ともチェックマークを外すことでスキップできます。

もう一度手順を確認しましょう。

要するに、

  • Twitterの公式アプリで新規作成
  • 電話番号はスキップしてメアドを入力
  • 再度電話番号を聞かれるけど無視

これだけです。

なお一度にたくさん作ると弾かれる可能性があるので、1日に1個ずつなど控えめに増やすようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク