Firefoxの不要なコンテキストメニューを消す

スポンサーリンク

Firefoxで「右クリックで表示される「コンテキストメニュー」から、不要な項目を消す方法のまとめです。

「userChrome.css」を編集することで簡単に消すことができます。

 

userChrome.cssの場所

userChrome.cssは、プロファイルフォルダの「Chrome」フォルダにあります。

プロファイルフォルダの場所は次のように探せば見つかります。

  1. Firefox右上にある「≡」マークを押して、メニューの一番下にある「?」マークを押す
  2. 「トラブルシューティング」を押す
  3. 「プロファイルフォルダー」項目の「フォルダーを開く」をクリック
  4. エクスプローラーが開くので「Chrome」フォルダに入る
  5. Firefoxを終了する
  6. 「userChrome.css」をコピーしてバックアップをとっておく
  7. userChrome.cssを編集で開き、下に記すコードを貼り、保存する
  8. Firefoxを再度起動する

以上で完了です。

もしChromeフォルダがない場合には、「Chrome」フォルダを作成し、「userChrome.css」ファイルを作成します。

 

リンクを端末に送る


#context-sendlinktodevice { display: none !important; }
#context-sep-sendlinktodevice { display: none !important; }

 

ページを端末に送る


#context-sendpagetodevice { display: none !important; }
#context-sep-sendpagetodevice { display: none !important; }

 

タブを端末に送る


#context_sendTabToDevice_separator { display: none !important; }
#context_sendTabToDevice { display: none !important; }

 

アクセシビリティプロパティを調査する

#context-inspect-a11y {display:none !important;}

 

メールで送信


#context-sendlink {visibility: collapse;}/*メールで送信*/
#context-sendpage {visibility: collapse;}/*メールで送信*/
#context-sendimage {visibility: collapse;}/*メールで送信*/
#context-sendvideo {visibility: collapse;}/*メールで送信*/
#context-sendaudio {visibility: collapse;}/*メールで送信*/

 

 

userchrome.cssが効かない

なおuserchrome.cssを設置してFirefoxを再起動しても反映されない場合は次の手順で有効化します。

  1. Firefoxでabout:configを開く
  2. toolkit.legacyUserProfileCustomizations.stylesheetsと入力して該当項目を検索する
    ※あくまで絞り込みなので「stylesheets」だけでも数個に絞り込める
  3. 値が「false」になっていれば、ダブルクリックして「true」へと変更する
  4. Firefoxを再起動する

 

user.jsによるFirefoxの設定
Firefoxの設定を細かく変更したい場合、「about:config」で変えてしまうのが一番手っ取り早いです。 しかし、「about:config」で変更した設定は、履歴などが残せないため忘れてしまうとどこをどういう理由で変更したの...

 

タイトルとURLをコピーしました