「nVidiaコントロールパネル」デスクトップカラーリセット問題

スポンサーリンク

症状

グラフィックボードにnVidia製品を入れていると、基本的にグラフィックカラーなどの調整は「nVidiaコントロールパネル」で行う。

しかし、このうちのデスクトップカラー設定値が、なぜか時々リセットされてしまうという問題がある。

発生する状況としては、タイムアウトでの画面リセット(省電力機能付きディスプレイだと電源オフ・オンされるタイミング)や、再ログイン時、普通にWindowsを起動した時など多岐にわたる。

原因

原因としてはWindowsの「Calibration Loader」が邪魔をしており、これの作動タイミングに「nVidiaコントロールパネル」による設定値を上書きしてしまうことにより、意図しない設定値へとキャリブレーションしてしまう。

結果、明るすぎたり、暗すぎたりなど「nVidiaコントロールパネル」で設定した値とは別の設定値へと変わってしまう。

この「Calibration Loader」はタスクスケジューラに登録されており、様々なタイミングで起動し、キャリブレーションしてしまう。

対策

タスクマネージャーで上記「カラーキャリブレーション」を無効化することで対策できる。

  1. タスクスケジューラを起動する
  2. 「タスクスケジューラライブラリ」-「Microsoft」-「Windows」-「WindowsColorSystem」とたどる
  3. Calibration Loaderというタスクがあるので、右クリックから「無効」にする
  4. 以上で即座に反映される

 

上記だけだと特定条件で漏れてキャリブレーションが働いてしまう場合には、さらに以下の設定を試してください。

  1. 上記と同じCalibration Loaderというタスクを選択する
  2. 右クリックからプロパティを開く
  3. 「トリガー」タブに切り替える
  4. 「ログオン時」、「ユーザーセッションへの接続時」の2つが表示されるので、それぞれ「編集(E)」の一番下「有効」のチェックを外し無効化する
  5. 「OK」を押して抜ける

 

タイトルとURLをコピーしました