ヤンマー、グルテンフリーの新食品素材「米ゲル」の本格販売を開始

ヤンマー株式会社が、グルテンフリーの新食品素材「米ゲル」の本格販売を開始したと発表しています。

グルテンフリーの新食品素材「米ゲル」の本格販売を開始 | 共同通信PRワイヤー
https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201712098900/

ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)は、グルテンフリー※1の新食品素材「米ゲル」※2の量産化技術を確立し、消費者にも親しみやすく感じていただくため「Rice gelée(以下、ライスジュレ)」と命名しました。本商品はライステクノロジーかわち株式会社で製造し、ヤンマーのグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社を通じて、12月中旬より本格的に販売を開始してまいります。また、「ライスジュレ」を使った各種商品の開発も行い、今後ウェブサイト「premiummarche.com」においてグルテンフリー商品などを販売する予定です。

ヤンマーといえば農機具を思い浮かべますが、その子会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、ライスジュレ販売事業などを展開するための会社ということです。

「米ゲル」とは、要するにグルテン成分的なもので、これまでの小麦粉などの代用品となる食品のようです。

「米ゲル」とは、国立研究開発法人農研機構食品総合研究所の研究により開発された新食品素材で、加水した米を炊飯・高速せん断撹拌することで、ゲル状に加工したものです。「米ゲル」は、米粉と比較して米独特の風味が少ないので加工品に展開しやすく、保水性が高い特性があります。「米ゲル」を二次加工することで、従来小麦粉を使って作られていたパンや麺類などをグルテンフリーで製造することや、カロリーを抑えたアイスクリームなどに応用することが可能です。また、乳化剤や増粘剤などの添加物の代用品として利用が可能な食品素材としても期待されています。

この「米ゲル」の商品名が「ライスジュレ」で、ライスジュレを利用した商品として、まずはお好み焼きチェーンの「千房」でグルテンフリーお好み焼「豚玉 新味~グルテンフリー~」の販売が開始されるということです。

グルテンフリーとは、「グルテン」を摂取しない食事方法や食品のことで、小麦粉アレルギーの方や、グルテンフリーへの関心が高い海外向けにインバウンド需要を見込んだ展開を行うとされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク