ファーウェイ nova lite 2とP10 liteの比較表

ファーウェイが新型のエントリーモデルスマートフォン「nova lite 2」を発表しています。

おそらくP10 liteと性能比較している方が多いと思われますので、参考に比較表を載せておきます。

 P10 litenova lite 2
OSAndroid 7.0™ Nougat / Emotion UI 5.1Android™ 8.0 Oreo / EMUI 8.0
液晶5.2インチ
IPS(1920×1080ドット)
5.65インチTFT
FHD+(2160×1080ドット)
CPUKirin 658 (2.1GHz×4+1.7GHz×4、オクタコア)Kirin659 2.36GHz×4+1.7GHz×4
RAM3GB3GB
ROM32GB32GB
外部メモリmicroSDXC(最大128GB)microSDXC(最大256GB)
バッテリー3000mAh
9V/2A急速充電対応
3000mAh
サイズ約146.5×72×7.2mm150.1×72.05×7.45mm
重量約146g約143g
メインカメラ1200万画素
1.25μmピクセル/ 開口部F2.2/ 像面位相差AF+コントラストAF/ 電子手振れ補正/ BSI
ダブルレンズ1300万画素+200万画素
LEDフラッシュ,像面位相差 + コントラスト AF
インカメラ800万画素
開口部F2.0/FF/BSI
800万画素
FF
センサー加速度、電子コンパス、ジャイロ、環境光、近接、指証認証加速度、コンパス、環境光、近接、指紋認証
測位方式GPS/AGPS/GlonassGPS/AGPS/Glonass
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac 2.4/5GhzIEEE802.11b/g/n 2.4GHz
USBUSB 2.0 Micro-B
Bluetoothバージョン4.1 LEバージョン4.2
SIMNano-SIM × 2Nano-SIM × 2
通信方式FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26 (au VoLTE対応予定※2)
TDD-LTE : B41
2CA対応
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM : GSMの上記周波数
FDD LTE: B1/3/5/7/8/19/20
WCDMA: B1/2/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)
通信速度下り(受信時)最大262.5Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
下り(受信時) : 最大150Mbps(LTE)
上り(送信時): 最大50Mbps(LTE)
連続待受時間FDD-LTE:約532時間、WCDMA:約564時間、GSM:約575時間※1(未発表)
連続通話時間WCDMA:約21時間、GSM:約37時間※1(未発表)
カラーサファイアブルー / プラチナゴールド / パールホワイト / ミッドナイトブラックブルー / ゴールド / ブラック
本体付属品ACアダプタ、USBケーブル、クリアケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイドACアダプタ、USBケーブル、保護ケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイド

主な違い

nova lite 2の優れている点

  • 液晶:縦が240ドット増加
  • CPU:わずかにパワーアップ
  • SDカード:256GB対応
  • メインカメラ:ダブルレンズ!

逆にP10 liteの優れている点

  • 通信方式:au系が非対応
  • センサー:nova lite 2ではジャイロセンサーが省略(確定)
  • Wi-Fi:nova lite 2ではIEEE802.11 a/ac 及び 5Ghz対応が省略
  • 通信速度:下りの最大速度が262Mbos→150Mbpsへとダウン
  • ファーウェイ規格の急速充電:P10 liteなどに搭載されている急速充電機能がありません

Wi-Fiについては微妙な性能ダウンではありますが、気になる方は気になってしまうでしょう。

ジャイロセンサーとは、ポケモンGO!のような回転速度を計測して反応するゲームや、カメラ撮影時の手ブレ防止、カーナビの自律航法情報の取得などに使われている機能です。なおnova lite 2の前機種であるnova liteにもジャイロセンサーは搭載されておらず、代わりに「仮想ジャイロ」というソフトウェアで代替していたようです。

いずれにしろターゲットとなる大半の方にとっては、ダブルレンズの恩恵による背景の自然なボカしや、撮影後の焦点変更、インカメラでの10段階のビューティ効果などが魅力的でしょう。

なお今後のアップデートで顔認証も来るようですので、興味のある方も多いかもしれませんが、ファーウェイの(背面)指紋認証はかなり早い方なのであまり必要を感じないかも知れません。

エントリーモデルとは言え、これだけの性能が2万5千円程度で購入できるというのは、iPhoneにとっては脅威になるのではないかと思います。格安スマホ会社では、本体を月1100円程度(×24ヶ月の月賦払い)で販売するところが多いようです。

CPU性能などは落ちるものの3Dゲームなどをやりこまない普段使いには充分で、なおかつインスタ映えしそうなカメラ撮影を使いたい方にとってはかなり魅力的に映るのではないでしょうか。

HUAWEI nova lite 2 | Mobile Phones | HUAWEI Global
https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite2/specs/

HUAWEI P10 lite スマートフォン | 携帯電話 | ファーウェイ・グローバル
https://consumer.huawei.com/jp/phones/p10-lite/specs/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク