Chrome ブラウザのパスワードの保存方法について

通常、Chromeブラウザのパスワードは、Googleアカウントに連動してしまえば紛失の恐れもないのですが、「Googleサーバーも信用できない!」という方にとっては心配の種の一つだと思われます。

そういう方のために、Chromeブラウザのパスワードの保存方法について調べてみました。以下、その手順です。

手順

  1. Chromeで「chrome://flags/」を開く
  2. 最上部の検索窓に「Password export」と入れる
    ※または「chrome://flags/#PasswordExport」を開く
  3. 「Default」になっていれば、「Enabled」に変更してChromeを再起動する
  4. Chrome右上のハンバーガーメニュー(︙)から「設定」を選ぶ
  5. 上の方にある「パスワード」を選択してパスワード管理画面に入る
  6. 保存したパスワード」の右側にあるハンバーガーメニューをクリックすると「パスワードをエクスポート」というメニューが現れる
  7. ダイアログが開くので、「パスワードをエクスポート…」を選択する

以上でChromeブラウザに保存されているパスワードが保存できます。

なお保存が終わったら、念のため「Password export」はDefault」に戻しておきましょう。

注意点!

保存したパスワードは、いわゆる平文(plain text)のCSVフォーマットで保存されていますので、テキストエディタやメモ帳で誰でも簡単に覗くことが出来てしまいます。

パスワードを付けてZIP形式などで保存することはもちろんですが、ファイル名についてもパスワードと想像できるものは付けないように注意しましょう。

一番安全なのは、このCSVファイルを印刷してしまって保存したCSVファイルはPCから削除してしまうことです。こうすればウイルスなどに感染しようが、PCが壊れようが、パスワードに関しては復元することができるようになります。印刷したものはPCの近くには置かず、まったく別の場所に保存しましょう。※本棚はダメです。誰でも真っ先に探します。

いずれにしろ、かなり危険な行為をしていることを認識した上で行ってください。地道ですが、重要なパスワードについては手帳などに手書きで書き写すのが一番安全なのはいうまでもありません。

パスワードの読み込みについて

同様に、「chrome://flags/」に「Password import」という項目がありますので、これを「Enabled」にすれば、同様にパスワード管理画面でのメニューに「インポート」が現れ、それで取り込めると思われます

ただし、管理人は試していませんので保証はできません。自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク