「Cities Skylines」2022年末発表スケジュールまとめ

スポンサーリンク

突然「CITIES: SKYLINES END OF THE YEAR RELEASES – 2022」というものが発表されています。

今回発表された情報を整理するとともに、今後追加発表される情報についてもこちらでまとめて追記していく予定です。

  • 2022年12月3日:Financial Districts Dev Diary #1の情報更新
  • 「1.15.1パッチへの対応など」は更新が落ち着いたためページ下部に移動しました。
  • 2022年11月10日:Roads & Vehicles Dev Diaryおよび、パッチ1.15.1-f4 のパッチノートの情報更新
  • 2022年11月8日:深夜初稿
スポンサーリンク

目次

最初のアナウンス

2022年11月8日発表

Hello City Builders!
Welcome to an end-of-the-year Cities: Skylines Frenzy!

We’re so thrilled to announce our newest upcoming mini-expansion Financial Districts, along with new Content Creator Packs, Radio Stations, a massive free update, a free-to-play weekend on Steam and a World Tour Kick-off.
Find below our release schedule for the rest of 2022.

CITIES: SKYLINES END OF THE YEAR RELEASES – 2022 | Paradox Interactive Forums

いくつかの小さな拡張などを立て続けに発表するようです。

  • HEARTS OF KOREA – CONTENT CREATOR PACK
  • SKYSCRAPERS- CONTENT CREATOR PACK
  • K-POP STATION – RADIO STATION
  • 80’s DOWNTOWN BEATS – RADIO STATION
  • ROADS & VEHICLES – A FREE UPDATE
  • Mini-Expansion「FINANCIAL District」
  • MAP PACK 2 – CONTENT CREATOR PACK
  • AFRICAN VIBES – RADIO STATION

大量に書かれていますが、CCPが3種、RADIOステーションが3種、ミニDLCが1本、そしてフリーアップデートになります。これが2022年11月15日と12月13日の2回に分けてそれぞれリリースされるということです。

 

Roads & Vehicles Dev Diary

2022年11月9日発表 ※パッチ1.15.1-f4に含まれるため下記パッチノートに詳細記載あり

 

Patch notes for 1.15.1-f4

2022年11月9日発表

Steam :: Cities: Skylines :: Roads & Vehicles Dev Diary

※無料アップデート部分およびバグ修正部分をピックアップ

無料アップデート
  1. バス8種:※全プレイヤー
    • バス3種:定員22/30/25名
    • 2階建てバス2種:定員60/65名
    • 連接バス3種:定員50/70/80名
  2. 道路7種:※DLC「After Dark」所持者向け
  3. トラム車両12種:※DLC「Snowfall」所持者向け
    • 定員65~140名トラム車両
    • 道路8種
  4. 自転車レーン付き道路4種:※DLC「After Dark」&「Snowfall」両所持者向け
  5. トラム軌道付き歩行者道路:※DLC「Snowfall」&「Plazas & Promenades」両所持者向け
・要するにベースゲーム(DLCなし)の場合にはバス8種のみが追加され、それ以外は書かれているDLCかDLCの組み合わせ(いずれか一方ではなく両方)が必要になるということです。
・仕様的には、有料コンテンツである各DLCに対しての無償アップデートであり、さらに4番及び5番についてはそれに加えて後者の指定DLCを所有している場合にアンロックされます。

 

バグ修正と改善

※これと次の項目はグーグル先生の翻訳そのままです。

長いため折りたたみます
  • アセット エディタに追加された道路のタグ システム
  • リサイクル コンテナ 01-04 の小道具がゲーム内で利用可能
  • ゲーム内で利用可能な歩行者用道路ボラード静的
  • ラジオ局のオーバーフロー画面の微調整
  • 依存関係のある mod の読み込みを改善しました
  • ゲームのアップデートと改造に関する警告メッセージを追加
  • modが現在のゲームバージョン用に作成されていないかどうかを示す情報ボタンをコンテンツマネージャーに追加しました
  • クリエイター名でアセットを検索する機能を追加
  • 修正済み: Steam クラウドがいっぱいの場合、機能を保存した後に終了するとデータが失われる可能性があります
  • 修正済み: 間違ったハイウェイ セグメントの方向標識
  • 修正済み: 電車と地下鉄の駅の線路でレール バッファーが一方向に欠落している
  • 修正済み: 交差点が接近しているときに信号機の小道具が消える
  • 修正済み: 港とフェリーの停留所で、歩行者エリアにゴミが積み上げられる
  • 修正済み: バス AI は状況に関係なくバスのみの高速道路を優先します
  • 修正: 現代のプランターの小道具にテキストがない
  • 修正: 現代のプランターの小道具にツールチップの画像がない
  • 修正: Office02 コーナーの 1×1 建物の壁画が LOD モデルの別のオブジェクトである
  • 修正済み: パーク メンテナンス ビルディングが歩行者専用道路に建設された公園に車両を派遣しようとする
  • 修正済み: パークライフとキャンパスの建物は、歩行者専用道路にあるときに警告を表示しません
  • 修正: 大型フード トラックとアイスクリーム プラザで、レジャー情報ビューのハイライト ビームが表示されない
  • 修正済み: 歩行者エリアを作成する前に、バス専用車線のある歩行者専用道路のロックが解除されます
  • 修正: Office02 2×2 レベル 2 の LOD の問題
  • 修正済み: 商業ビルの LOD 壁画が飽和状態
  • 修正: 「低速運転」ポリシーが制限速度を下げすぎた
  • 修正済み: バス専用車線のある大きな石畳の歩行者専用道路に LOD の問題がある
  • 修正済み: 空港のペイント ブラシを選択すると、Airfield Expertise アチーブメントがアクティブになります。
  • 修正済み: 歩行者用道路の交差点に関する LOD の問題
  • 修正: 大きな歩行者専用道路/道路が交差すると交差点が変形する
  • 修正: 高級品を歩行者エリアのサービス ポイントに販売しても収入が発​​生しない
  • 修正: インダストリー エリアの処理棟が、サービス ポイントを介して歩行者エリアに製品を送信しない
  • 修正: 小規模および大規模なサービス ポイントは同じ騒音公害値を共有します
  • 修正済み: でこぼこした地形で接続されたさまざまなタイプの歩行者用パスがクリッピングを引き起こす
  • 修正: 新機能パネルのテキストが途切れる/フランス語のタイプミスがある
  • 修正: 「保存後に終了」オプションと保存メニューのフランス語訳で「la」が欠落していた
  • 修正済み: Mid-Century Modern パックの軽微な問題
  • 修正: サブメッシュのバリエーションがアセット エディターに保存されない
  • 修正: 「NetInfo.Node.m_forbidAnyTags」はどこにも使用されません
  • 修正済み: カスタム サービス ポイントを作成すると、「配列インデックスが範囲外です」というエラーが発生する
  • 修正済み: アセット エディターには、サービス ポイントのトラック容量を変更するオプションがありません
  • 修正済み: カスタム サービス ポイントの建物により、新しいオーディオの再生が停止する
  • 修正済み: アセット エディターで作成されたバス専用車線を含むカスタム歩行者専用道路が機能しない
  • 修正: ゲーム エディターでの新しいタグ システムを使用するネットワークのデータの保存/読み込み
  • 修正: 車両カテゴリの歩行者専用道路オプションがアセット エディターに保存されない
既知の問題点
  • 路面電車の線路がある小さな 2 車線の道路で、高架にすると接続する路面電車の線路がありません (ビジュアルのみ)
  • 路面電車の線路がある小さな 4 車線の道路で、高架にすると接続する路面電車の線路がありません (ビジュアルのみ)
  • 中央分離帯と路面電車のある大規模な 6 車線道路は、他の大規模道路よりも速度が遅い
  • バスは高速道路のバス専用車線を常に使用するとは限りません
  • 道路と橋の接続部の急な地形に見える隙間 (視覚のみ)
  • 132 人乗りのトラムと 72 人乗りのトラムは停留所で「押しつぶされる」

 

Financial Districts Dev Diary

Financial Districts Dev Diary #1

Financial Districts Dev Diary #1: Stock Exchange & Investments | Paradox Interactive Forums

 

証券取引所

  • これを建てることで、投資と銀行の両方をアンロックできる。「証券取引所」自体はマイルストーン6でアンロック。
  • 「証券取引所」は周囲の金融オフィス特化ビルに税金ボーナスを与え、アップグレードするとより多くの建物が庵ロックできる
  • 証券取引所で開放される「投資」機能で証券を売買することにより、証券取引所をアップグレードできる。新しい広場や銀行の建物などがアンロックされる。アップグレードすることにより、税金ボーナスと影響効果範囲の両方が増加する。※投資では損をすることもある

国際貿易ビル

  • 証券取引所がレベル5に到達すると「国際貿易ビル」が建設可能となり、同様に税金ボーナスが与えられる。
  • なお「国際貿易ビル」はアップグレードせず、また影響範囲を重ねても効果がないため、できるだけエリアが重複しないように配置すると良い。

銀行

  • 「銀行」は、警察カテゴリに追加され、そこでは現金輸送車が運用される。現金輸送車は街の犯罪発生リスクを低減する効果がある。銀行は3種類のサイズが有り、大規模な銀行ほど多くの現金輸送車が使用されより多くの商業ビルにサービス提供が可能となる。

金融街

  • 「金融街」は従来からある特価地区の一種として追加される。より高い税金を払うため、住民の幸福度はやや低下する。金融街はアップグレードする時に元の建物のまま上部にガラス張りの構造が追加される形で拡張する。

新しいマップ

  • 5つの新しいマップも付属している。

 

個別CCP&DLC

2022年11月8日発表内容に随時追記

HEARTS OF KOREA – CONTENT CREATOR PACK(11月15日)

※パッチ1.15.1-f4に含まれる有償コンテンツオプション

Steam:Cities: Skylines – Content Creator Pack: Heart of Korea

CCPですね。韓国にインスパイアされた建物群だそうです。

  • 8つの新しいユニークな建物
  • 6つの新しいサービスビル
  • 17の新しい高密度商業ビル
  • 29の新しい低密度住宅
  • 1 新しい地区スタイル

 

SKYSCRAPERS – CONTENT CREATOR PACK(11月15日)

※パッチ1.15.1-f4に含まれる有償コンテンツオプション

Steam:Cities: Skylines – Content Creator Pack: Skyscrapers

こちらもCCP。

  • 44の新しいユニークな建物
  • 47個の新しい小道具

世界中の様々な建物にインスパイアされた超高層ビルが15種以上入っているそうです。

  • 1900年代の北米の高層ビル3つ
  • 欧州(ドイツ、フランス、スペイン、ポーランドなど)6つの超高層ビル
  • アジア(日本と台湾)の近代建築をベースにした4つの高層ビル
  • オーストラリア、シドニーのランドマークにインスパイアされた2つの超高層ビル
  • アフリカ:20世紀後半の南アフリカの建物をベースにした2つの超高層ビル

ワークショップがあるPC版ユーザーにはやや厳しいかも知れませんがどうなんでしょうか。

K-POP STATION – RADIO STATION(11月15日)

※パッチ1.15.1-f4に含まれる有償コンテンツオプション

Steam:Cities: Skylines – K-pop Station

これは16曲入のRADIOステーション。

こちらは韓国音楽K-Popをフィーチャーした内容だそうです。

80’s DOWNTOWN BEATS – RADIO STATION(11月15日)

※パッチ1.15.1-f4に含まれる有償コンテンツオプション

Steam:Cities: Skylines – 80’s Downtown Beat

もうひとつの16曲入のRADIOステーション。

こちらは1980年代をフィーチャーしたものだそうです。

ROADS & VEHICLES – A FREE UPDATE(11月15日)

※パッチ1.15.1-f4に含まれるため上記パッチノートに詳細記載あり

これは無料アップデート。※一部はDLC所有者のみ対象

道路と車両となっており、上記ビデオでは次の道路と乗り物が紹介されています。

  1. 8種類のバス
  2. After Darkに7種類の道路
  3. Snow Fall+After Darkに4種類の道路
  4. Snow Fallに12種類のトラム車両と8種類のトラム道路

  5. Snow Fall+PLAMA&PROMNADESに6種類のトラム歩行者道路

ビデオで次々と紹介されるだけなので詳細は不明ですが、普通に考えて例えばSnow FallのトラムやP&Pの歩行者道路が無料で追加されるというのは考えにくい(車両や道路だけでは意味がない)ため、それぞれDLCを所持している場合に増加すると捉えるのが良さそうです。その場合は、1番目についてだけすべてのプレイヤーへのアップデートと言うことになります。

個人的には最後のSF+P&Pのトラム歩行者道路が一番楽しみですね。

つい最近アップデートの荒波を乗り越えたばかりですが、また11月中旬にもう一波来るということです。しかも道路と乗り物ということですので、アセット追加だけなら良いんですが何か新たな機能追加や調整があると影響範囲が広そうですね。

もう1本Colossal Orderのツイートでも無料アップデートに関するビデオが公開されているようです。

これによれば、「これには、ベースゲーム向け、およびいくつかの DLC、さらにクロス DLC向けの新しい道路と車両が含まれています。(It includes new roads and vehicles for the base game and several DLCs, including cross-DLC roads. )」ということなので、上の推測どおりで、つまりバニラ+ADだけを所有の場合は1番+2番、さらにSFも所持していれば1+2+3+4(ADなしでSFのみだと1+4)、さらにP&Pも所有していれば5番を含めすべてが追加されるということになります。

※過去DLCを買わせる方策だと見ることもできますが、言ってみれば車両と道路だけなので(DLCを所持していれば)ワークショップを漁れば同等のものは見つかりますのでそこまで目くじら立てるものではないかと思います(現状5番を除く)。逆に該当DLCを未購入ということであれば、そもそも必要性は薄いということにもなります。

 

Mini-Expansion「FINANCIAL District」(12月13日)

Steam:Cities: Skylines – Financial Districts

金融地区(金融街)という意味になります。これはミニDLCということで、有料の拡張パックです。

新機能「Investments」と、104の新アセット、株式取引所、銀行、投資などが含まれているようです。

  • 株式取引所:投資して資金を増やせるようです。またその地区内のオフィスゾーンの税収ボーナスもつくそうです。
  • 銀行:商業ゾーンから現金を集めながら、現金輸送車により地区の犯罪率を下げるそうです。
  • 投資:お金を賢く投資し、市民生活を向上させるとあります。新たに「株式取引」タブが追加され会社に投資できるようです。
  • 金融街特化:マイルストーン「ビッグタウン」到達で、オフィスゾーンに新たな金融街特化地区がアンロックされます。新たな外見、高い税金、ただし幸福度は低下。証券取引所が近くにある場合は税収ボーナスが増加

現段階の情報だけではぱっと見ではあまり魅力がないというか、主な効果が税収増加だけだと「資金無限」プレイしている人にはあまり響かないかも知れません。

MAP PACK 2 – CONTENT CREATOR PACK(12月13日)

Steam:Cities: Skylines – Content Creator Pack: Map Pack 2

Sidai氏(Steam コミュニティ :: Sidai :: ワークショップアイテム)によるマップパック。

10種類のマップが入っているようです。

AFRICAN VIBES – RADIO STATION(12月13日)

Steam:Cities: Skylines – African Vibes

アフリカ音楽にインスパイアされた16曲入のRADIOステーション。

FREE TO PLAY WEEKEND(11月10日~11月14日)

「Dates & Time: 19:00 CET, 10th November 2022 – 19:00 CET, 14th November 2022」までフリープレイが提供されるようです。

今このページを見ているような人はすでにプレイヤーでしょうから、あまり関係がないかも知れません。

 

 

まとめ

まとめると下記になります。

  • 2022年11月15日にCCPと無料アップデート(道路と車両)
  • 2022年12月13日にミニDLCとCCP
  • さらにイラストには「WORLD TOUR」と称して「World Tour Continues - Get inspired by different regions around the world with Cities: Skylines “World Tour”」なる文字があります。これは何を意味するんでしょうか。遂に2023年には2の発表なんでしょうか。それとも今までフィーチャーされていなかったアフリカや南米など地球上の地域(例えばエジプトとかマヤみたいな?)のアップデートが来るんでしょうか。

コンソール版プレイヤーにとっては、なかなか嬉しいCCPや無料アップデートになるでしょう。

例によって詳細は今後フォーラムなどで発表されるかと思います。随時情報を整理していく予定です。

 

パッチ1.15.1アップデート対応

 

・2022年11月15日(日本時間15日18時リリース)以降にSteamクライアントを再起動するなどしてパッチ(Patch 1.15.1)があたると、Modにも一部動作しないものが出てくると思われます。とりあえず騒がずに寝るほうが良いでしょう。その後各Mod作者によりModがアップデート対応されるものが出てくるでしょうから、16日か、あるいは急がない方は数日待ってから起動するようにしましょう。
・プレイヤー側で行うパッチへの対処方法については「Plazas & Promenades」アップデート時の記事を参考にしてください。慣れてない方は起動を繰り返してジタバタせず、週末まで待つほうが良いかも知れません。その頃になると更新されるModは更新され、更新されないModは代替動作するtemporaryFix Modが出てくるものと思われます。
Mod compatibility thread & FAQ [Patch 1.15.1] | Paradox Interactive Forums

 

1.15.1パッチへの対応など

メジャーModは落ち着いたようなので折りたたみます
  • とりあえずLSMが1.0が出ているので更新しましょう。その他Modも続々と更新されているため、一定時間ごとにSteamランチャーの再起動をした方が良いかと思います。
    現状、私自身の環境では、(全てのModの全ての動作を確認したわけではありませんが)落ちることもなく動作している状況です。
  • プレイヤー作成コンパチModリスト:Steamワークショップ::Road & Vehicles compatible modlist from PazarCity を参考に、自分のサブスクライブしているModが更新しているか確認しましょう。このリストに載っていないものは、影響がないかあるいは事前情報無しのModなので、不具合が出る場合には更新は時間がかかるおそれがあります。
    ※各自がサブスクライブ中のModの確認方法→下記「自分がサブスクライブしているMod一覧の確認方法」参照
  • アップデート後に対応版がでた主なMod(11/18 10時現在)LSMCompatibility Report、Zonig Adjuster、BOB、Ploppable RICO Revisited、Advanced Building Level Control、81 Tiles 2 TESTINGNetwork Anarchy、Optimised Outside Connections、Forest Brush Revisited、Transfer Manager CE v2.0.28、Transport Tool v2.4.2、Japanese Localization Mod (日本語化MOD)、Repaint 1.7、TM:PE 11.7.2.0 STABLEFind It! 2、RON, the network replacer、Curb Height Adjuster 1.5.3、FPS Booster、ACME 0.6.2、Surface Painter temporary fix、More CitizenUnits 1.1.1、Better Education Toolbar、Campus Industries Housing Mod、Prison Helicopter Mod、Game Anarchy 0.9、Area Cost Adjuster、Intersection Marking Tool 1.10.2、Network Multitool 1.3.3、Node Controller Renewal 3.3.2、UI Resolution 1.2、Harmony 2.2-1、Lane Controller Beta、Watch It! Revisited、Improved Transport Manager、Intersection Marking Tool 1.10.2、Building Spawn Points 1.3.1、Advanced Vehicle Options、Better Road Toolbar
    ※完全対応かどうかは不明です。大半はとりあえずベースゲームの「非互換性チェック」回避対応を行っただけかと思われます。
  • とりあえずトラム歩道に置き換えてみたところ、どうもP&P歩道の使用優先度的なものが高く設定されているのか、歩道で接続している区間はあまり乗ってくれない気がします。そこで中間地点をトラム専用軌道などに置き換えてみると、トラムに乗車するようになりました。とてもいい感じです。特に欧州風な街並みにすると映えるかと思います。
  • どうも(トラム路線を新設あるいは変更すると)トラムに乗車しないというかそもそも停留所に待機しない症状がでてますね。これがベースゲームのバグなのか、それとも入れているMod(可能性が高いのは「Transfer Manager CE」か「Reversible Tram AI」)との干渉なのかがまだわかりませんが、とにかく再起動してロードすると一斉に並び乗車します。※追記:「Transfer Manager CE」と「Express Bus Services」についてはModをオフにしても現象再現しました。

 

自分がサブスクライブしているMod一覧の確認方法

※なお各プレイヤーがサブスクライブしているModのアップデート状況が知りたい場合は、下記手順で確認できます。

  1. Steam コミュニティ :: Cities: Skylinesを開く
    ※ログインしていない場合はログインする
  2. 右サイドバーに「あなたのワークショップファイル」とある下のセレクトボックスで「サブスクライブ中のアイテム」に切り替える
  3. 下の種別絞り込みで「Mod」にチェックをつければModのみのサブスクライブ開始日順のリストが見られる。
  4. 右サイドバーの「サブスクライブ開始日順」となっているのを「更新日順」に切り替えると最近更新された順にModが一覧表示される。
※最近更新したからといって必ずしも対応状況を示しませんが、一定の目安になります。いつまで経っても更新されないModは、この際に同種のものにリプレース、あるいは削除を検討してもいいでしょう。

起動しない場合:「–noWorkshop」または「–disableMods」オプションを試す

一番ラクなのが、とりあえず既存の作成中マップ(セーブデータ)には手を付けないことです。特にパッチ直後はまずまともに動作しない可能性が高いでしょう。既存マップで試したい気持ちはとてもよくわかりますが、不具合発生時の原因切り分けが難しくなるため、とりあえず1週間程度は新規マップのみで様子見したほうが良いでしょう。

手っ取り早くDLC「Plazas & Promenades」を遊びたい場合には、一度ワークショップModを非適用にしてゲームを起動することでいわゆる「バニラ状態」にした上で、本体機能のみでプレイすると良いでしょう。

この方法には2つあります。

  • –disableMods」オプションを付けて起動すると、(アセットはそのままで)Modだけ無効化してバニラ状態にして起動することが出来ます。オプションを外せばいつでも元の状態に戻ります。基本的にはこちらを推奨します。
  • あるいは「–noWorkshop」オプションを付けてCitiesを起動すれば、ワークショップで追加したすべてのMod及びアセットを外した状態(完全なバニラ+各DLC状態)で試すことができます。オプションを外せばいつでも元の状態に戻ります。

この特殊な起動方法については、次のような手順になります。

  1. Steamランチャーのライブラリで「Cities:Skylines」を探す
  2. Citiesアイコンの右クリックから「プロパティ」を選択する
  3. (「一般」タブに)「起動オプション」があるので、下記の状態にする
    ”インストールフォルダ”\Cities_Skylines\Cities.exe" %command% --disableMods
    
  4. Citiesを起動する

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました