インバウンドとは

旅行業界で使用されるインバウンドとは?

今さらながらまとめておきましょう。

本来の言葉の意味

インバウンドとは英単語の「inbound」であり、和製英語ではなく外来語(本来の英語)です。

inboundとは、本国(日本国内で使う場合は日本)向けの、あるいは市内向けのという意味で、観光業界ではinbound tourism(国内向けの旅行)として使われます。

ではその対語はというと当然outboundとなるわけで、こちらは国外向けの、市外向けのという意味になり、同様に観光業界ではoutbound tourism(海外旅行)となります。

対象者

言葉の意味どおりで、対象者は別々です。

  • インバウンド:国外居住者の日本国内への旅行
  • アウトバウンド:国内居住者の海外旅行

つまりインバウンドは主にいわゆる外国人の方が対象となり、アウトバウンドは主に日本人(もしくは日本国内居住者)の海外への旅行を指します。

ここから漏れているのが「国内旅行」つまり、日本国内に住んでいる人が日本国内を観光することで、これは「domestic tourism」となりますが、日本国内では従来通り「国内旅行」などと呼ばれています。

つまり整理すると

  • インバウンドツーリズム:国外居住者の日本国内への旅行
  • ドメスティックツーリズム:国内居住者の日本国内への旅行
  • アウトバウンドツーリズム:国内居住者の海外旅行

ということになるかと思います。

「国外居住者・国内居住者」は、それぞれ外国人、日本人と置き換えてもいいのですが、統計データ上は国内に居住する外国出身者も含むためこのような表現となります。

統計データ

なおインバウンド/アウトバウンド旅行客の統計データについては日本政府観光局(JNTO)が発表しています。

年度別データ

訪日外客統計|日本政府観光局(JNTO)
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/index.html

また地域別のデータも発表しています。

世界の市場別基礎情報|日本政府観光局(JNTO)
https://www.jnto.go.jp/jpn/inbound_market/index.html

これはそれぞれの国における出国者の内、日本を訪れた人数や訪日回数、滞在日数、旅行会社リストなどが詳細にわかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク