リクルートのトレンド予測2019

リクルートホールディングスが毎年発表している「トレンド予測」の2019年版が発表されています。

今年で開催10回目! 2019年のトレンド予測を発表 | リクルートホールディングス
https://recruit-holdings.co.jp/newsroom/2018/1217_18504.html

  • 「デュアラー」(住まい領域)
  • 「就域(しゅういき)」(新卒採用領域)
  • 「職場スカウト採用」(中途採用領域)
  • 「留Biz(りゅうビズ)大学生」(人材派遣領域)
  • 「学び場イト(まなびバイト)」(アルバイト・パート領域)
  • 「サロ友」(美容領域)
  • 「もしもCAR電(カーでん)」(自動車領域)
  • 「ポータグルメ」(飲食領域)

いろいろ書かれていますが、大都市圏というよりも東京都内、それも23区を暗黙の前提としている面が透けて見える気がしますが、まあ田舎ぐらいでトレンドっていうのもどうかと思いますので、そういうものなんでしょう。

それぞれの言葉の概要や、背景についてはリンク先で確認してください。

なおトレンド予測は平成22年(2010年)から発表されており、過去の発表分については書きから確認することができます。

リクルートの「トレンド予測」 | Recruit – リクルートグループ
https://www.recruit.co.jp/company/involvement/trend/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク